HOME 会社概要 サービス・ソリューション 技術開発 施工実績
  HOME  ソリューション  リニューアル  教育・文化施設  王子市民ギャラリー

王子市民ギャラリー
(現:神戸文学館)
神戸市灘区  平成5年改修
施主/神戸市
設計/(株)一粒社ヴォーリズ建築事務所
-第5回(平成7年度)BELCA賞ベストリフォーム部門受賞作品-

 明治37年、関西学院のチャペルとして建てられた由緒ある建築。歴史を感じるレンガ造りの外観をそのまま残してギャラリーに変貌させ、市民に開放するリニューアルに取り組みました。
改修工事にあたっては、旧チャペルの復元と市民ギャラリーとしての機能整備の両立調和を狙いました。 外壁は既存のレンガに新しく鉄筋コンクリートでL型基礎をプラスして丈夫な土台を築造。屋根の骨組みや窓枠、ぶどう模様の窓ガラス、塔上の飾りなどは、昔の写真をたよりの細部まで細かい工夫を施しました。
王子市民ギャラリー
着工前は図書館

王子市民ギャラリーの歴史
1904年(明37) あたり一帯が「原田の森」と呼ばれいたこの地はもともと関西学院のキャンパス。
アメリカの銀行家、ブランチさんの寄付を受けてこの年チャペルが建てられ、ブランチ・メモリアル・チャペルと名付けられる。
1929年(昭4) 関西学院が西宮へ引っ越し、チャペルは阪急電鉄に売却される。
1940年(昭15) 神戸市が建物を買い取る。
1945年(昭20) 神戸大空襲に遭い、屋根や塔などが破壊される。
1949年(昭24) 屋根をつけて建物が修理される。
1950年(昭25) 神戸博で瀬戸内海観光館として使われる。
1962年(昭37) アメリカ文化センターとして変身。
1967年(昭42) 王子図書館として変身。25年近く図書館として市民に親しまれる。
1991年(平3) 傷みが目立った建物をもとの姿に復現する工事が始まる。
1993年(平5) 建てられた当時のままに美しくよみがえり、王子市民ギャラリーとして誕生。
2006年(平18) 「神戸文学館」として、 リニューアルオープン

技術と工夫
技術と工夫 昔のレンガ積み基礎の一部を削り、新しく鉄筋コンクリートのL型基礎をプラスして頑丈な土台を築造。新しく厚さ15センチの鉄筋コンクリートの壁にドッキングして強度をつけました。
技術と工夫 ハンマー・ビーム・トラスと呼ばれる大きなアーチ型の梁を組んで、屋根を支えています。瓦は昔のレンガの色に合わせて何回も試験焼きを繰り返しました。
技術と工夫 屋根の骨組みを新たに築き、昔と同じような日本瓦をふいていく。数種類の瓦をまぜて、わざと古い感じを出しました。
[本文に戻る]
  サイト利用規約 サイトマップ お問合せ Copyright © 2008 by ARAIGUMI CO.,LTD. All rights reserved.