HOME  >  CSR  >  現場見学会

現場見学会

国際協力機構の現場見学会を開催

東京支店で施工中の国土交通省関東地方整備局発注「H28-30荒川貝殻樋管改築工事」(埼玉県上尾市)で、独立行政法人国際協力機構(JICA)が主催する現場見学会が2月23日に開催されました。
これは、ベトナム国建設事業における積算管理、契約管理および品質・安全管理能力向上プロジェクトの一環として行われたもので、ベトナム国建設省から同省国際協力局局長をはじめ、18名が来日し現場を見学しました。
見学者の皆さんは熱心に見学し、関東地方整備局の方々や金谷所長による現場内容の説明に対して、施工体制や建設業許可、監理技術者証について質問されるなど活発な意見交流が行われました。(2018年3月)


RM工法の現場見学会を実施

西宮市で施工中の「西宮市消防署耐震補強工事」において、RM耐震補強工法の見学会が催されました。 見学会では高強度モルタルの打設もご覧いただき、静寂性が高く「執務しながら」に最適な工法であることを実感して頂くことができました。 (2010年7月)


児童向けの現場見学会を実施

兵庫県西宮市で施工中の「用海小学校校舎改築工事」において、児童向けの現場見学会が実施されました。

見学会に参加したのは新校舎で過ごす時間が他の学年よりも短い6年生で、設計事務所の担当者による設計コンセプトなどの説明を興味深く聞いていました。 (2010年7月)


発掘調査現場の見学会を実施

東京都内で施工中の埋蔵文化財発掘調査工事において、7月4日に現場見学会を実施しました。工事着手(2008年8月)以降の発掘調査成果を、地元自治会・新宿歴史博物館考古学講座受講者など多数の方々に見ていただきました。

見学会では、東京都埋蔵文化財センターの主任調査員より、調査方法・調査の成果を説明して頂き、参加者の皆さんも熱心に聞いておられました。 (2009年7月)


「水の勉強会」を開催

東京都内で施工中の渋谷区恵比寿配水本管布設替工事作業所が、東京都水道局のご協力を得て、 渋谷区立新橋保育園で、「水の勉強会」を開催しました。

「水道水がどこから来るのか?」「水がどんなに大切な資源なのか?」を園児のみなさんに勉強してもらう良い機会になりました。建設機械に触れてもらったり、マスコットと遊んだりと、とても有意義な勉強会になりました。勉強会の感想をスケッチで表現してもらいましたが、とても素晴らしい作品ばかりでした。 (2008年12月)



韓国の技術者の現場見学会を開催

東京都内で施工中の集合住宅建築工事作業所で、韓国の建設会社の社員を迎えての現場見学会が開催されました。

27名を迎えての今回の見学会は「日本における現場での安全管理」をテーマとした同社の社員研修の一環として行われたものです。当日は工事概要や安全管理等についての説明と場内見学を行い、安全管理だけでなく施工中のボイドスラブ工法等、多岐にわたり様々な質問が活発に交わされました。(2008年6月)


「土木の日」に小学生の現場見学会

11月18日の「土木の日」にちなんで、少しでも多くの方に土木に関心を持ってもらおうと、兵庫県の企画に新井組が協力し、三田市内の現場で、近隣の志手原小学校の児童を招いて現場見学会が開催されました。

校内で工事事務所の仕事や工事の概要を聞いた後、ヘルメットをかぶり工事現場に移動。実際の作業状況を見ながら説明を聞き、興味深く熱心に見学し、積極的に質問をしていました。(2005年11月)


海外技術者が新井組の現場を見学

新井組が兵庫県尼崎市内の工事現場で、独立行政法人国際協力機構(JICA)が受け入れている海外技術者の現場見学会が行われました。

JICAの要請により、(財)日本総合試験所が約4ヶ月間、海外の技術者を受け入れ、「コンクリート構造物耐久性向上技術コース」として、実習、セミナー、講義、見学等の研修を開催しており、その一環として新井組の現場の見学会が行われたものです。

参加者は10名で、アルジェリア、バングラデシュ、コロンビア、コスタリカ、タンザニア、タイ、ベトナム、ジンバブエ、コソボの若手技術者で、本国では主に国や官公庁に勤務している人達です。

現場見学の後は質問会があり、コンクリートだけでなく、杭工法、構造設計から品質管理、工程管理等、多岐にわたる質問がありました。研修者からは、想像以上にきれいな現場で、特にコンクリートの出来映えがすばらしいと好評をいただきました。(2005年3月)


地域住民のための現場見学会

兵庫県内で施工中のトンネル工事で、地域住民を対象にした現場見学会が開催されました。

当日は地域住民をはじめ約100名が参加し、マスコミ関係や役場の広報も駆け付けました。

坑口にての事業概要等の説明の後、坑内を歩いて見学し、実際にトンネル掘削機で施工を行いました。参加者は、見た事がない大きな重機が動く様子に感嘆し、また、実際の作業を見たことにより、工事への理解も深めることができたようです。 (2004年8月)


現場見学会で日韓交流

東京都内で施工中の事務所ビル建築工事で、韓国の企業からの要望を受け入れ、現場見学会を開催しました。

26名を作業所に招き、工事概要説明と場内見学を行いました。ハングル文字の資料や案内表示を準備し、通訳を交えて、日本の建築現場を紹介しながら交流を図りました。(2003年2月)


幼稚園児の幼稚園現場見学

「大きな家!何人住むの?」。木造平屋建ての骨格が仕上がったのを見て、園児の一人が声にしたのは、兵庫県内で建設中の幼稚園で、園児60余名を一足早く現場へ招待しました。

「気をつけてね」「ここが一番大きなゆうぎ室なんだよ」と、現場員による説明の後に記念撮影しました。「ありがとう」と、お土産を片手に元気な笑顔が場内に響く、一風変わった現場見学会でした。(2003年2月)